理学療法士の日記 私のAtoZ

理学療法だけでない理学療法士の日記を届けます

8月度のRTの解説

これは私がRTしたツイートを紹介する記事です。

自分の呟き一覧を振り返ったり、整理していたら、

このアイデアを思いつきました。

この記事でRTしたツイートに解説を入れたりRTした理由を入れるのも面白いかなと思い始めました。

 

 皮肉の効いたいいツイートだなと思いました。

 ADHDでは診断されてませんが、この言葉あるあるだなと思いました。

 私の思いでもあります

 人にも当てはまりますが、日本で解明されたので今後ストレスで苦しむ人が減るかなと思い応援RTです

 知っていましたが、一般的に知られてないのでこれは知って欲しいですね。

 全く考えたこともなかったので、初めて知った説です。

逆に他人に殺意を覚えて、それから希死念慮が生まれました。

 これもいい皮肉だなと思いました。

 心の余裕って本当に大事だなとうつとうつ抜けを経験して同意しました。

 ネット(SNS)を見てるときちんと教える大人がこの国にはいないんだなと思いました。

 電車が辛い方、該当するならこれをもらうこともおすすめです。

 後半の文章は初めて知りました。最後の明るくすれば治るとは思っていません。

 SNSをうまく使いたいなと思いました。

 こんなツイートをできる狭い世界から違う世界へ引っ張ってくれる人が必要だなと思いました。

 例え救えなくても、呟いた本人ととこのツイートを見た人は救われるなと思いました。

 個性とは何か、優しさは特定の人にだけ向ければいいのか教師からいじめを受けた経験から考えられました。

 ばっちり内向型でした。面白いなと思いました。

 愛されたいと思うのも自由にできない世界なんだなと思いました。

無条件の愛を教えてくれる人は周りにいるのか?です。

 とてもいい歌詞でした。

 警察の悪意と闇を感じますね。

 男女ともにこの言葉で強くなってほしいなと思いました。

 

 

もう一度振り返ると8月のあの時と違うのかなと思いましたけど、

大まか感じたことは一緒ですね。

 9月になってRTがどんなものに変わるのか楽しみでもあります。