理学療法士の日記 私のAtoZ

理学療法だけでない理学療法士の日記を届けます

仙腸関節セミナーについての感想

ツイッターが面白くてこっちをやらなかったけど、

本を読んでたらまた書きたくなりました。

今回はライトに書ける仙腸関節セミナーの感想を書きます。
(セミナーの内容はライトじゃありませんよ)

 

 今回参加した仙腸関節のセミナーは

座学を行い、2種類の実技を行いました。

感想はネタバレ防止のため

主に良かったことは抽象的に、

これから受けようと思う人へのアドバイス

具体的に書いていこうと思います。

良かった所

やっぱりきちんと解剖を教えてくれる所が良かったです。

そして解剖学を元に治療計画が立てられる事実を知れたことが

良かったです。

正直手技DVDは本当に治療方法しか教えないので、

このようなセミナーに出会えてよかったと思います。

治療方法も練習は必要ですが、そこまで大変じゃないです。

AKAのような何年もかかる手技は指先の感覚や経験が大きな

治療の要因になりますが、解剖の知識を持っていると、

それを短縮できるかもしれない事実を知れてとても良かったです。

これから仙腸関節セミナーに行く人へ

まずはきちんと解剖を学ぶことが大事です。

僕もハウツーが好きなタイプなんで、

解剖の所はあくびがでて、具体的に治療や

臨床ではこう考えるなどの所は覚醒状態でしたが、

最終的にはあくびでて好きになれないところでも、

治療が好きなら、解剖もきちんと学ぶと結果が出ることが

わかりました。

そのため治療手技しかしないセミナー、DVDよりも

解剖をきちんと教えてくれるセミナーに行く事をおすすめします。

 

注意:どの業種も当てはまりますが、医師よりもPTから学ぶと良いです。

   これは医師とPTが学んだり、考えたりすることが違うため、

   解剖の捉え方や教え方にズレがあるかもしれないからです。