理学療法士の日記 僕のAtoZ

理学療法だけでない理学療法士の日記を届けます

膝OAの本を紹介してみる

今回は主にPTの人にお勧めする

膝(Knee)OAについての本を

紹介する記事です。

 

1.極める変形性膝関節症の理学療法

まず勧めたいのはこの本。

膝OAの病理も勉強できますが、

一番自信を持って進められるポイントが

教科書にはないような

具体的な理学療法が書いてある点です。

極めるという題名に相応しい、

持っていて損はしない本です。

 

2.山田英司 変形性膝関節症に対する保存的治療戦略

山田先生の本ですが、

極める変形性膝関節症の理学療法

内容も一部乗っています。

こちらの方は薄く安いです。

また、山田先生についても書かれています。

 

3.変形性膝関節症: 正しい治療がわかる本

EBMシリーズで一番構成や内容が

しっかりとくる本でした。

OAについてわかりやすく書いてあるので、

患者さんや学生、若手PTにもおすすめです。

 

4.ひざ痛を自分で治す本

よく患者さんに指導するのに

僕はこの先生が考案したプログラムを

よく参考にさせていただきました。

きちんと、自己訓練に積極的で

さぼらずにやってくれる患者さんには

効果がかなり見られます。

指導者側はプログラム法を

知っているだけでなく

きちんと理論やしくみを

わかってないといけないので、

手元に合った方がいいと思ったので

紹介させてもらいました。

 

 最後に一言

今日はKの記事と決めていたので、

膝(Knee)に関連する

本について紹介させてもらいました。

正直、学校の教科書よりも、

断然これらの本が

勉強になります。

ちなみに膝自体を学びたい方は

下の本がとてもおすすめです。